病は気から!?何をやっても勃たなかった僕が心因性EDを克服するまでにやったすべて

投稿日:2017年8月9日 更新日:

元気

初めまして!当サイト管理人のトモノリです!

おそらくこのページにたどり着いたあなたは、セックスの時に「“心理的な何か”のせいでアソコが萎えてしまって勃たない」とか、「挿れる直前まではギンギンなのに、“いざ!”という時になると勃たない」といった、いわゆる「心因性EDが原因で勃たない」ことに悩んでいるのではないでしょうか? 

 

実は僕も長いあいだ心因性EDに悩まされてました。心因性EDのケースとしては仕事のストレスとかじゃなく、緊張や不安、自信のなさが原因ですね。

"悩まされていた"という事なので、そう!今は克服してます。克服できたのです。この記事ではその克服方法などについて、詳しくお話したいと思います。

 

僕のペニスが以前よりもパワー溢れるようになった要因ですが、結論から言うと、とある精力剤を飲んだことが大きいです。克服方法というよりは、"克服のキッカケ"に近いですね。

 

なんだよ精力剤のセールスかよ!そんなもんいらねーよ!

 

と思われた方、多いと思います。でもちょっと待ってください!もう少し読んでください!確かに精力剤を飲んでみなぎる元気を取り戻した事は事実なんですが、心因性EDは半分以上が心の病です。

だから、精力剤の事よりも飲む前の心構えや気持ちが大切なんです。病は気からってよくいうでしょ?あれと同じ感じです。

 

だから、最終的に精力剤に頼らなくても、人によってはこの記事を読むだけで自信がつくというか、それだけで解決になるかもしれません。

僕は最終的に精力剤に頼りましたけど、無理に頼る必要もないと思うんです。気持ちの持ちようという事ですね。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、さっそくお話していきたいと思います。

 

仮性包茎のせいでセックスに自信が持てなかった

男性

僕のプロフィールは東京都内に住んでいる32歳の普通のサラリーマンです。仕事のストレスはそれほどなく、顔は中の中くらいです。若いころはそれなりに女性経験はありましたが、大人になるにつれいざセックスの事を考えると、あまり積極的になれずにいました。

 

なぜかというと、仮性包茎だったんです。それもわりと重症です。カントンまではいきませんが、ちょっとの刺激で皮が戻ってしまい、セックス中もほとんど皮が戻ってまともな刺激を受けられません。結果的に気持ちの良いセックスができないという状況を、18歳くらいの頃から経験してました。

 

若いころは性欲も強くてそれでもなんとかなってたんですが、社会人になってからはセックス自体が結婚や子供の事に繋がりますし、男女の関係としては適当に考えていい行為ではなくなりますよね。

 

行為をする直前で下記のような様々な不安要素が頭をよぎりました。

  • 大丈夫かな...
  • これを見て彼女はどう思うだろう...
  • 気持ちよくなってくれるのかな...
  • 自分は問題なくイくことができるのかな

ただ、そんな状況ではまともにセックスすらできないので、仮性包茎に関しては矯正グッズにより問題ないレベルまでは治す事ができました。

 

これで自信も戻って一件落着!と思いきや、そうではないんですよね。。。

 

今度は、「治ったから問題ないだろう...」「大丈夫!昔とは違う!いけるはず」というような不安と自信が入り混じったような気持ちがつきまといました。

 

彼女と初めてのセックス!でも挿れる前に・・・

そんな事を考えていたある日、その不安がついに大事件を引き起こしてしまったのです。もうおわかりですよね。挿れる直前で勃たなかったんです。というか、萎えたんです。

 

セックス前の、イチャイチャしていたりキスをしている時はもうアソコはパンパンになってて少し痛いくらい笑なんですが、いざ挿入!になると急に萎えてしまったんです。

 

もうショックでしたよ。でもその時は、すぐに勃たせようとまたキスしたり、性欲を高めるために彼女の体を触ってなんとか問題ないレベルまで勃たせる事ができました。

 

そして行為に及びましたが、やはり途中で萎えてしまいます。行為中は問題なく気持ちいいし性欲も十分で興奮しているはずなんですが、なぜか途中で中折れしてしまう。

 

その時は萎えるたびに彼女に協力?というわけではないけど、キスしたり体を触ったりしてとにかく自分の性欲を高めてなんとか最後まで終わらすことができました。

 

今思えば、何度も中断してたので相手は怪しんでたでしょうね。そこで素直に相手に理由を相談できてればよかったんですが、流石にその人とは初めてのセックスなのでそこまでの勇気はなく、ごまかしながらになってしまいました。

 

心因性EDは気持ちの切替えで治るがそう簡単に切替えられるものじゃない

その後は中折れや挿入前に勃たない事、心因性EDの事などについて調べて、なんとか改善方法や克服方法を探しましたが、やはり最終的に精神的なものは本人の気持ちが大切という答えに辿り着きました。

 

いくら自分で「もう大丈夫!」「もう治った!」「自信がついた!」「これで大丈夫!」と言葉で暗示をかけても、心の中で不安が残っていてはほとんど意味はありません。

 

気持ちの持ちようや切替え次第であっさり治ってしまうのが心因性EDですが、気持ちの切替えはそう簡単にできるものではありません。

 

失恋した時に相手を忘れる事や、家族やペットが死んだ時なんて、そう簡単に忘れたり沈んだ気持ちを戻す事なんてできませんよね?それと同じで、やっぱり心因性EDの場合も簡単に気持ちの切替えをする事って難しいと思うんです。

 

パートナーに正直に話して協力してもらうのがベスト

男女

では言葉での暗示以外ではどういう方法があるのかというと、パートナー(相手)に協力してもらう事ですね。

 

正直に勃起不全(ED)の事を話して、中折れした時は口でしてもらうなどして勃たせてもらったり、興奮を高めるようなプレイをしてもらったりする事です。そして相手からも大丈夫だと実際に自信がつくような言葉をかけてもらう事です。

 

信頼しているパートナーだからこそ、その言葉に救われますし、二人三脚で解決するために色々と試す事はお互いのためにも良い事です。

 

ただ、この方法にはいくつか問題点もあります。年齢差やお互いの立場、付き合い方によっては相手に協力を頼みずらい事です。恋愛の形は人それぞれなので、どっちが上とか下とかは表面上は無くても実際にはあります。

 

「こういう事は相手に話したくない!」という人は絶対いると思うんです。お付き合いの形が信頼を元に形成されているとも限りませんからね。(不倫や体のみの関係など)

 

僕の場合は相手が年下という事もあり、どうしてもこの事を正直に話す事ができませんでした。治ってから「実はあの時こんな病気で勃たなかったんだよねぇ」なんて笑い話をするのはいいんですけどね。

 

その後、とりあえず自分自身にもう大丈夫と暗示をかけたのち2回目の行為に挑みましたが、やはりダメでした。。。

 

というか、少し悪化してましたね。まさに心因性EDの典型的な症状で、前回の挿入前に勃たなかった経験、中折れしたトラウマが頭をよぎり、前回のように途中でもう一度勃たせるという事ができませんでした。

 

そしてついに中断...

 

流石に相手も今回の状況にはおかしいと思ったようで・・・その場で全て話す事にしました。相手は性についてそれほど知識があるわけでもなく、EDは知ってても心因性EDって何?って感じでした。

僕は自分自身が心因性EDという事もあってそれなりに知識があったので、簡単に説明して解決するには相手の協力もあった方がいい事を話しました。その後は相手の協力も得られる事が自信に繋がり、無事に積極的にセックスができるようになりました。おわり!

 

じゃないんです!

 

協力を得られたのはいいんですが、やはりまだ勃たないんですね。心因性EDはそう簡単には治らんようです。

 

病は気から・・・プラシーボ効果・・・これだ・・・!

そんな時に彼女からこんな提案がありました。「精力剤みたいなのも使ってみたら?」と。どうやら彼女の方でも色々と調べていてくれたみたいですね。今思うとめっちゃいい彼女ですねホント。

 

ただ、僕的にはあんまり気が乗りませんでした。性欲はあるし、まだ若いし、包茎も治ってるし、心因性EDの場合は精力剤関係なくね?というのが正直なところです。

 

実際に心因性EDは心の病ですからね。精力剤で治すってのはちょっと違うというか、あまり関係ない気がします。それも説明したんですが、「病は気からってよくいうじゃん?」という言葉を言われて、ハッとしました。

 

病は気からという言葉は、"病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ"

 

心因性EDと同じですね。気持ちの持ちようで治る事もあれば、悪くもなる病気です。そしてその後にもう一言「プラシーボ効果っていうのも期待できるかもしれないし」

 

このプラシーボ効果についても、オーディオ好きの僕は知っている言葉でした。

 

簡単に説明すると、肩こりで悩んでいる患者に、医師が「この薬は肩こりによく効くお薬だよ」と言って全く関係ない"水"を薬と偽って出します。患者はただの水を渡されたとも知らずに、この水を肩こりによく効く薬と信じて飲みます。

 

するとあら不思議、ただの水なのに肩こりがよくなるのです。まだ科学的には説明しきれない現象なのですが、実際の臨床試験では効果があり医学的には証明されています。

 

ポイントとしては、信頼のできる情報元という事が大前提です。わけのわからん人から「これは腰痛によく効くよ~」なんて渡されて、「あやしいなぁ本当に効くのかなぁ...?」という気持ちで飲んでも全く効果がありません。

 

自分がいかに信用、信頼できているかでプラシーボ効果は変わってきますので、自分自身が信用して納得して使う事が大切です。

 

他には、オーディオ関係のプラシーボ効果を少しお話します。

例えば、信頼しているブランドから「このケーブルで音を鳴らせばさらに音が良くなります!」という情報を信じてケーブルを購入して音を鳴らすと、「おっ本当に音がいい感じになった!(気がする)」という事になるのです。

 

この例も、ブランドやケーブルで音が良くなる事自体を信用してなくて「本当にこんなんで音良くなるのかよ...?知らないブランドのケーブルだし」なんて気持ちだとプラシーボ効果を感じる事はできません。

 

 

さて、話しが少し脱線してしまいましたね。

僕はこの"病は気から"と"プラシーボ効果"の効果については元々非科学的だとは感じておらず信じていたので、この効果に頼ろう!と決めました。

そして精力剤を購入する事にしたのです。

 

精力剤の購入を決意!しかし種類がありすぎてどれが良いのか分からない・・・

沢山の種類がある精力剤

購入する精力剤ですが、メーカーも様々、値段もピンからキリまであるし、入っている成分も沢山あってどれがいいかわからん!というのが正直な感想です。

 

あと精力剤のランキングやおすすめ!みたいなサイトを見てもランキングはバラバラだし、価格.comみたいな大きいサイトでランキングにしてくれたらまだ選びやすかったんですが、そういうのもないって事なので、もう自分で調べちゃいました。

 

といっても全ての精力剤を試したわけじゃないですけどね。そこで選んだ精力剤は、プロキオンという精力剤 です。次はなぜこの精力剤にしたのか?についてを説明しますね。

 

僕が比較した内容としては、①安全性、②信頼性、③価格です。成分云々も大切なんですが、0から勉強するのも大変ですし、プラシーボ効果を期待するのであれば、極端に言えば水やタブレットみたいなお菓子でもいいわけですからね。

 

精力剤の比較ポイント①安全性

①安全性とは、どこで作られているのか?です。中国産とかは流石に怖いので最低限、日本国内工場で生産されている精力剤を探しました。基準の1つのとして、GMPという品質基準があります。このGMPの基準に適合した国内の工場で製造されているかどうか?が判断基準になります。

 

GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、製品が出荷されるまでの過程で「安全」と「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムになります。また、プロキオンはGMP以外にも三者機関にて放射能検査もクリアしています。

 

精力剤の比較ポイント②信頼性

②信頼性については、どこの販売業者なのか、効果は期待できるのかってとこですね。作っている会社が2017年8月設立!なんていわれても新しすぎて逆に怖いですよね。なにか問題おこした会社が社名変えて再販売してるんじゃ...?と思ってしまいます。

 

なので、なるべく古い会社でその会社のサイトがあるのかどうかも確認しました。そしてプロキオンは数ある精力剤の中で唯一、指定医薬部外品として承認を得ています。これが決め手になりましたね。

 

指定医薬部外品は、もともと医薬品だったお薬が、法改正によって変更になったものです。医薬品ではないため副作用もなく、健康食品やサプリメントのように全く効果が認められてないわけでもありません。

 

どうせなら良い精力剤を使いたい!という思いはありましたので、健康食品の精力剤ではなく、指定医薬部外品の精力剤を選んだというわけです。

 

精力剤の比較ポイント③価格

最後に③の価格です。精力剤の値段はピンからキリまであるとはいえ、口に入れるものだから安すぎはなんか怖いし、かといって高すぎても効果なかった時はショックが大きいし、お金ももったいない。

 

あと、定期購入っていう毎月送られてきて料金引き落としになるタイプの製品もあって、それも途中で解約しないと毎月支払いが発生するし、ちょっと面倒だと感じますよね。

 

最初はなるべくお試し価格みたいなので精力剤を飲みたいなと思っていたところ、プロキオンもお試しパックがあったんです!なんと980円で税込&送料込み。

 

都度購入や定期購入はそれなりにいい値段するんですが、お試しパックならめちゃ安いんですよ。だから、とりあえず自信をつけるためにもプロキオンを購入しました。ちなみにお試し1パックだと5日分くらいしか入ってないので3パック(15日分)を購入しました。(3,000円分です)

 

ただ、すぐに効果が感じられるわけではないと思ってましたので、とりあえず飲み方として紹介されている1日2カプセルを15日間試した後、満を持してセックスに挑みました。気持ちはもうRPGゲームでフル装備、補助呪文でガチガチにかためた状態です。

 

結果...取り戻せた自信!そしてみなぎる活力!

なんかもう嬉しかったですね。おそらく、挿入前に勃たなかったら挿入中も中折れになっていたと思います。"挿入前に勃っていた事実"が、挿入中の自信に影響していたことは言うまでもありません。

 

途切れない活力を感じた時は、なんか自然と笑顔になりました。「おお、すげぇ。なんだこれ笑」みたいな感じです。これが自信に繋がり、その後は特に問題ありません。

 

ちなみにプロキオンは最初の3パックのあとに、1ヶ月分(9,350円)を購入してます。この後また再発しても怖いですし、精力剤自体は過剰に飲まなければ体に悪いものではありません。僕は健康維持を目的として飲みました。

 

1ヶ月分飲んだ後は継続してません。その1ヶ月の間に男の自信がつきましたので、おそらくもう必要ないと思ったからです。

 

継続して飲むと結構なコストになりますが、一時的に自信をつける方法で利用する分には精力剤も使えるんだな!と感じました。

 

「心因性EDに精力剤なんて・・・」と思っている方にこそオススメ

僕の体験談は以上です。

この記事で言いたい事は、心因性EDを治すには心や気持ちの持ちようが大切です。そしてその気持ちを変えるためにはパートナーの協力が大切ですが、それだけでは僕みたいにうまく治らない事もあると思います。

 

自分自身の気持ちに自信をつけるためには、"病は気から"、"プラシーボ効果"などを信じて、精力剤に頼る事も1つの方法だという事です。

 

今回の僕の体験談だと精力剤の成分が直接効果あったわけじゃないかもしれませんが、上記のような効果を信じて、「これは信用、信頼できるし効果ある精力剤なんだな!」と信じながら飲む事で、実際に自信を付けてくれたのです。

 

精力剤の成分に頼るのではなく、自信をつけるためのキッカケとして利用するという事ですね。

 

もし、あなた自身が一番信用できそうな健康食品や精力剤があれば、それを利用してみるのもいいですし、僕基準で選んだ精力剤になりますが、プロキオンもおすすめできます。

 

最後に、長文にお付き合いいただきありがとうございます。この記事を読んで少しでも自信がついたり、「おっこれなら俺でも以前のパワーを取り戻せそう!」と思っていただけたら幸いです。

余談ですが、その時の彼女が今の奥さんだったりします笑

-EDを克服した体験談, 勃たない時の対策・改善方法

Copyright© 勃起力男子 勃たない悩みから卒業 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.